Male Body Part

EDを完治させたいなら治療薬の特徴をチェック!

ED治療薬の使用期限

ED治療薬にもある消費期限について

男性

神戸で処方されるED治療薬にも、やはり食料品など賞味期限のように服用するにあたって期限があります。神戸をはじめとして日本で認可されているED治療薬はバイアグラとレビトラ、シアリスの3つがありますが、バイアグラが一番使用期限の長い医薬品です。その他のレビトラとシアリスは、どちらも約2年となっていますが、バイアグラは約4年以上と2倍近い期限があります。しかしながら、この数値はあくまで購入時からの期限となり、処方されてからの期限ではありません。すぐ使う予定がない場合などは神戸で処方された際に確認しておくようにしましょう。また、バイアグラは青色、レビトラはオレンジ、シアリスなど錠剤の色に特色がありますが、これはコーティング剤です。バイアグラもレビトラもシアリスも、全て薬剤自体は白いものですが、コーティングすることによって使用期限などを延ばしています。そのため、錠剤が割れてしまうと使用期限は一気に短くなります。神戸でも夏場で1週間、冬場で2週間程度になりますが、レビトラは他のED治療薬よりも少し短く、夏場で2~3日、冬場で1週間くらいとなっています。ED治療薬だけではなくどの錠剤の医薬品でも言えることですが、いつの間にか割れてしまっているといった場合などは服用を止めて廃棄するようにしましょう。使用期限が過ぎた薬品は効果が保障されないだけではなく、最悪の場合、健康に被害が出てしまう事がありますので気をつけましょう。

リーズナブルな価格で購入できるレビトラ

ボディ

横浜の一部クリニックでは、ジェネリックのレビトラを扱っているところもあるので、予算を節約してED治療が続けられます。健康保険が適応されにくいED治療において、安価な薬剤が手に入れられるのはありがたいものです。一度服用すれば、24時間以上は効果を持続させると言われているので、セックスレスを解消させるのに役立つのは間違いありません。ただし、ED患者なら誰もがレビトラを使用できるわけではありません。体質は勿論、現在抱えている症状によっては、満足に効果が現れない場合があります。横浜のクリニックで処方してもらうなら、まずどんなタイプの人が向いていないのかをチェックしておきましょう。レビトラの服用に向いていない人は、血糖値やコレステロールの数値が高いタイプの人です。いわゆる糖尿病や肥満気味の人がそれにあたります。症状を改善するために、別で服用している薬剤の影響により、本来の薬剤効果を発揮できなくなってしまいます。レビトラの適切な服用量は、10mgほどですが満足な効果が得られないと判断すると、勝手に服用量を増やす行為に走ってしまう恐れがあります。勝手に服用量を増やすのではなく、事前に横浜のクリニックへ相談をした上で、服用量を増やすのが望ましいです。勝手に服用量を増やしてしまうと、頭痛や鼻詰まりは勿論、動悸や顔のほてりと言った副作用の症状を引き起こす危険性が高まります。横浜の医師監修のもと、服用量を調節して賢くED治療を進めるのを意識しましょう。

早漏問題にはED治療薬がオススメ

カップル

早漏に効果を発揮するこれら三種類の治療薬ですが、その効果について説明します。まずバイアグラとレビトラは効き目こそ短時間ですが、勃起を維持できる時間としては効果があるとされています。また治療薬を服用した後にすぐ効果が出ることからED治療薬を服用していることが悟られにくいとされます。それに比べシアリスという治療は、先程の2つと違いじっくりと効いてくるものです。ゆっくりと時間をかけて性行為に望むというのであればこのシアリスは向いていると言えます。早漏の問題はこのような治療薬で改善することができるので一人で悩まずに病院のドクターなどに相談してみるといいでしょう。また、相談がしにくいのであればメールなどの手段で問い合わせるということも可能ですので安心できます。早漏に効果を発揮するこれら三種類の治療薬ですが、その効果について説明します。まずバイアグラとレビトラは効き目こそ短時間ですが、勃起を維持できる時間としては効果があるとされています。また治療薬を服用した後にすぐ効果が出ることからED治療薬を服用していることが悟られにくいとされます。それに比べシアリスという治療は、先程の2つと違いじっくりと効いてくるものです。ゆっくりと時間をかけて性行為に望むというのであればこのシアリスは向いていると言えます。早漏の問題はこのような治療薬で改善することができるので一人で悩まずに病院のドクターなどに相談してみるといいでしょう。また、相談がしにくいのであればメールなどの手段で問い合わせるということも可能ですので安心できます。